高齢社会やシニアマーケティングを考えるための参考書籍をご紹介します。
最新記事

December 22, 2017

 本書は、長く福祉国家のあり方や準市場の可能性について研究を重ねてきた宮本太郎中央大教授による新たな社会保障の可能性を「共生保障」というキーワードを軸に語られたものである。

 「共生」という言葉は、安倍政権下でも平成28年に閣議決定された「一億総活躍プラン」の中にも「地域共生社会の実現」と表現されているように、近年良く耳にする言葉でもある。

 本書において筆者は、「地域で人々が支え合うことを困難にしている事態をいかに打開し、共生を可能にする社会保障をどう設計するか」を実現するための制度構想を「共生保障」と呼び、その方向性を示そうとしてい...

December 14, 2017

 赤瀬川原平は、現代美術家としてキャリアをスタートさせ、その後、尾辻克彦名で芥川賞を受賞。それ以降は、ふたつの名前を使い分けつつ、数多くの小説、エッセイ、国内外美術・芸術に関わる論考を残した。2014年に残念ながらお亡くなりになったが、おそらく本人は、最後まで自分は現代美術家という強い自覚を持っておられたに違いない。

 赤瀬川は、彼の存在そのものが一貫して優れたシュールレアリストであった。しかし、そのあり方はマンレイやブルトン的ではなく、日常生活の中に異次元のほころびや小宇宙を見いだす、いわゆる「お茶の間シュールレアリスト」とでも呼ぶ...

December 1, 2017

 本書は、公益財団生協総合研究所による「2050研究会」の報告書をとりまとめたものである。研究会のテーマは、「今後、超高齢・少子・人口減少、単身社会にが進む2050年の地域コミュニティにおいて、生活協同組合が果たすことが出来る機能・役割は何であるか」というものである。

 その解答の柱として挙げられているのが「集いの館」構想。具体的に、それはどのようなものかと言うと、

 「全国1万5千の小学校区単位に元気な高齢者が運営主体となる「集いの館」を展開する。そこにはコンビニ業態(30坪)と、さまざまな暮らしの相談に応える「よろず相談デスク」、多...

Please reload

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload

ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square